Artists and kilns

Japanes artists

Shopping

  • My items on eBay
  • 休止中   日本のお客様はこちら

Facebook

Traditional culture ceramics of Japan(Magokorodo)

Facebookページも宣伝

The Latest Reports

Link

Artist:アーティスト

中尾哲彰の世界:NAKAO TETSUAKI's World1

  中尾哲彰の世界:NAKAO TETSUAKI's World

(このページでは、中尾氏本人から提供された資料や、中尾氏のWebsite 、から、記事、画像等の一部を許可を得て抜粋掲載させていただいています。本ページの無断転載を禁止させて頂きます。)

(On this page, from the data and Website offered by Mr. Nakao, his permission was obtained, and the part was extracted and is published. I will forbid unapproved reproduction of this page.Thank you).

 

ここでは、中尾哲彰さんについての経歴や、個人的な感想を書かせて頂きます。

 

私が初めて中尾さんに会って感じた印象は、内面から出てくる人としての"優しさ"と"率直さ"でした。

 

私の経験上、油滴釉や、結晶釉等の科学的知識を多く必要とする釉薬の研究者は、少し小難しい方が多いと思っていましたので、初めて中尾さんに会った時の、"優しさ"と"率直さ"はとても良い印象を持ちました。

 

もちろん私とお付き合いのある陶芸家の方々は、作品に性格が滲み出ているように、優しくまじめな方が多いですが、中尾さんに関しては、少し違う種類の空気を放っているのが、印象的でした。

 

この記事を書いている時点では、まだ一度しかお会いしてないですが、お話しさせて頂いているうちに、その少し違う雰囲気の理由が分かったような気がしました。

 

中尾さんが"銀河釉"を作った理由を聞かせて頂きました。

 

 中尾さんが銀河釉を開発しようと思ったきっかけは、20数年前に網膜剥離になった事から始まります。

 

中尾さんは網膜剥離で何も見えずに病室で一年ほど過し、精神的にも辛く、苦しい経験をされました。

 

そんな闘病生活の中、ふと目の前に、天体に輝く銀河、満天の夜空の星を思い浮かべられたそうです。

 

その銀河で何とか作品を作れないだろうか?

と、思ったと中尾さんは話してくれました。

 

彼のウェブサイトの中で、中尾さんは下記の様に語っておられます。

「不思議なことに、その星に救われる思いがしました。それで、銀河のような作品で、自分と同じように辛い思いをしている人たちに元気を与えることができるのではないかと考えました。私はむしろその思いに救われたのです。」(玉峰窯HP/月刊とっとっと 2006年11月号 vol.28 P12~P13 より抜粋)

 

また、玉峰窯のHPインタビューにはこのように書かれている。

 

日本画家・千住博氏のインタビューのなかで「ニューヨーク在住の芸術家は絶望の淵にある」という話がありました。

 

千住氏は、「9・11同時多発テロ以降のニューヨークにおいて、芸術家はテロを起こした側、テロを受けた側の人々に、人間としての思いやりや癒しを伝えなければならないという使命感がない」というのです。

 

「テロ後の傷ついた人々の心を癒し、勇気を与えることができたのは、20世紀前半の例えばセザンヌやガウディらの作品であり、そしてまた歴史に残る芸術。つまり、芸術とは国境、宗教、思想の壁を越えて、人に勇気や希望を与えたり、傷ついた心を癒したりするメッセージがある』という内容でした。

 

私も同感です。そういう意味でも、『愛と自由』への思いを銀河釉に込めてメッセージを伝える意味は大きいと思います。」

 

そう熱く語る中尾さんは、「焼き物という芸術においても、他の人にできなかった新しい技法の意味は大きいと思う。人類史に残るメッセージを伝えることが、自分の姿だと思っています。」

玉峰窯HP/月刊とっとっと 2006年11月号 vol.28 P12~P13 より抜粋) 

 

私は中尾さんの作品から感じられる、率直な美しさ、暖かさの意味が分かったような気がしました。

 

Here, I will write the career about Tetsuaki Nakao, and individual comment.

 

The first impression for me to meet and feel for Mr. Nakao was the "tenderness" and the "frankness" as a person which come out from an inside.

 

The researchers of the glaze which needs oilspot glaze and the scientific knowledge of crystal glaze etc., and ceramists thought that there were many somewhat complex people on my experience. Therefore, "tenderness" and "frankness" when I do the first meeting to Mr. Nakao had a very good impression.

 

The ceramists who have association with me, of course also have much more serious one gentle to as the ceramist's character is oozing in their work. But about Mr. Nakao, I had the impression which has released the air of the kind which is different for a while.

 

When I was writing this report, I felt that the reason of that atmosphere that is different for a while was found, after talking with him, although I was meeting Mr. Nakao only once.

 

I asked why Mr. Nakao made "Galaxy glaze."

 

 The cause which thought that Mr. Nakao would develop Galaxy glaze begins from having become retinal detachment about twenty years ago.

 

Mr. Nakao developed retinal detachment, he passed in the sickroom for about one year with blindness, and he had a also mentally hard and painful experience.

 

He looked at the starlit sky of the Galaxy and the whole sky which shine with a heavenly body by a struggle against disease in his heart.

 

Mr. Nakao said to me that he thought whether I could make works like the Galaxy.

 

In his website, Mr. Nakao is told as follows.

 

"The thought saved in the star used the wonderful thing. Then, I thought whether energy could be given to people who feel hot like themselves with a work like the Galaxy. I was rather saved by the thought. "

 (An extract is made from Gyokuhou kiln Website / monthly TOTTO November, 2006 issue vol.28, P12 - P13) .

 

Moreover, it is written to the Website interview of Gyokuhou kiln like this.

 

The inside of an interview of Japanese-style painter Hiroshi Senju, "for example, the works of art which remain in the history of Cezanne, Gaudi, etc. who were playing an active part in the first half of the 20th century were able to relieve the heart of people after 9.11 who got damaged, and were able to give courage.

 

That is, with art, there is a message which gives people courage and hope or relieves the heart which got damaged over the wall of the border, religion, and thought."

 

"I am also agreement. I think that the meaning which such meaning also loads Galaxy glaze with the thought to love and freedom, and tells a message is important. "

 

Mr. Nakao who says so hotly,

 "also in art called pottery, I think that the meaning of a new technique which other persons were not able to do is important.

I think that it is its figure to tell the message which remains in a history of man. "

(An extract is made from Gyokuhou kiln Website / monthly TOTTO November, 2006 issue vol.28, P12 - P13) . 

 

The meaning of the frank and warm work which I feel from the works of Mr. Nakao and Mr. Nakao felt that I understood for me.

 

 
中尾さんの有田のお店の紹介

Introduction of the Mr. Nakao's store in Arita.

 

 

Tetsuaki Nakao11.jpg 

 

Tetsuaki Nakao13.jpg 

 玉峰窯、中尾哲彰の作品に実際に触れて購入できるお店は、 佐賀県西松浦郡有田町にあります。

 

 

Located in GYOKUHOU kiln and Tetsuaki Nakao's shop, Arita, Nishi-Matsuura-gun, Saga.

 

 

Tetsuaki Nakao14.jpg 

 

 

Tetsuaki Nakao19.jpg

 

 

Tetsuaki Nakao18.jpg

 

 

 

Tetsuaki Nakao17.jpg

 

 

Tetsuaki Nakao16.jpg 

お店では、中尾さんの作品の他に、有田、伊万里、三川内、波佐見、等の伝統的な作品から、コンテンポラリーなスマートな作品をセレクト販売しておられる、『蒲仙堂』さんのwebショップ『菖蒲の隠者』の作品も買えますよ♪

 

有田を訪れた際には皆様も是非お店を訪ねてみてくださいね。

 

波佐見、有田ICより車で約7分  武雄、北方ICより車で約30分  JR上有田駅より徒歩約5分

 

In a store, also can  buy the works of the web shop "Iris Hermit" of "BUSENDO" ,They selection sale of the traditional works and contemporary works ,Arita, Imari, Mikawachi, and Hasami.

 

When you visit Arita, please call at a store.

 

Access

 
About 7 min in a car from Hasami and Arita IC.

 

About 30 min in a car from Takeo and Kitakata IC.

 

 

On foot about 5 min from JR Kamiarita Station.   

 

Trackback:トラックバック(0)

List of the blogs which are referring to this blog report
このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中尾哲彰の世界:NAKAO TETSUAKI's World1

Trackback URL to this blog report
このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mt.magokorodo.jp/mt-tb.cgi/42