History and culture of Japanese ceramics:焼き物

Imari ware : 伊万里焼

July 23, 2013 2:16 PM   Imari ware : 伊万里焼

伊万里焼の歴史と概要

 

中国では紀元前から磁器が製造され、後漢時代(西暦25年 - 220年)には本格的な磁器が焼かれていたが、日本では中世までのやきものは陶器であり、磁器は輸入品に頼っていた。


日本で初めて国産磁器の製造が開始されたのは17世紀、有田(佐賀県有田町)においてであった。


佐賀藩(鍋島藩)の藩祖鍋島直茂は、豊臣秀吉のいわゆる朝鮮出兵(文禄・慶長の役、壬申倭乱、1592年 - 1598年)に参加し、朝鮮から多くの陶工を日本へ連行した、これらの陶工によって有田における磁器製造が開始された。

 

陶工たちは有田の泉山(いづみやま)で磁器の原料となる陶石を発見し,窯を築いて磁器を焼いたとされています。


さらに,有田周辺で焼かれた磁器は伊万里津(港)に運ばれ、現在の伊万里川河口付近から船で積み出されました。


伊万里から積み出されたため「伊万里焼」と呼よばれるようになりました。

 

1610年代から1630年代頃までの初期製品を陶磁史では「初期伊万里」と称されます。


この時期の製品は、白磁に青一色で模様を表した染付磁器が主で、絵付けの前に素焼を行わない「生掛け」技法を用いている点が特色である。

 

初期の磁器は、砂目積みという技法が使われている。砂目積みとは、窯焼き時に製品同士の熔着を防ぐために砂を挟む技法で、中国磁器にはみられない朝鮮独特の技法である。

 

このことから、朝鮮出身の陶工が生産に携わったことが明らかである。

 

一方、当時の朝鮮半島の磁器は、文様のない白磁であったので、呉須(コバルトを主原料とする絵具)で文様を描く染付の技法や意匠は中国由来のものであると考えられる。

 

1640年代には有田西部の山辺田窯(やんべたがま)などで色絵磁器の生産が創始され、国内向けの大皿などの色絵磁器製品が生産された。

 

これらは、加賀(石川県)の九谷が産地であると長年考えられていたことから「古九谷」と称され、現代の陶磁史では「古九谷様式」と称されている。

 

1640年頃からは鍋島藩が将軍家・諸大名などへの贈答用高級磁器を主に製造する藩窯が活動を開始。

 

この藩窯製品を今日、「鍋島様式」あるいは「鍋島焼」と呼んでいる。

 

中国では1644年に明王朝が滅亡。

1656年には清により遷界令が発せられて、商船の航行が禁止され、中国陶磁の輸出が一時途絶えた。

このため、それまで中国磁器を買い付けていたヨーロッパ諸国が日本へ磁器を注文するようになり、オランダ東インド会社から大量の注文が舞い込んだ。

 

中国磁器の輸出が再開されてからは、東南アジア方面の市場は中国磁器に奪還されたが、ヨーロッパ方面への伊万里焼の輸出は継続した。

 

1670年代には、素地や釉薬が改良され、白磁の地にほとんど青味のない「濁手」(にごしで)と呼ばれる乳白色の素地が作られるようになった。

 

この濁手の素地に色絵で絵画的な文様を表したものを「柿右衛門様式」と称している。

1690年代には染付の素地に赤、金などを多用した絵付を施した製品が作られるようになった。


これを「古伊万里金襴手」と称し、この種の様式のものがヨーロッパ向けの輸出品となった。

 

The history and the outline of Imari ware

 

Although porcelain was manufactured from B.C. and the porcelain which can be called a product to the Later-Han Dynasty period (A.D. 25 years to 220 years) was calcinated in China, only pottery was produced in Japan. It depended for the porcelain currently used for the time in Japan on the import.


It was Arita (Saga Prefecture, Arita-cho) in the 17th century that manufacture of domestic porcelain was started for the first time in Japan.


 
Naosige Nabeshima of the Saga domain (Nabeshima domain) participated in Hideyoshi Toyotomi's Korean campaigns (1592 to 1598), and took many potters to Japan from Korea.

The porcelain manufacture in Arita was started by these potters.

 

Potters discover the clay stone which serves as materials of porcelain by Izumiyama (Mt.IZUMI) of Arita, and it is supposed that kiln was built and porcelain was calcinated.

Furthermore, the porcelain calcinated around Arita was carried to Imari-Tsu (harbor), and was sent off by ship from near the Imari river mouth of a river.

 

Since those porcelain was sent off from Imari, they came to be called "Imari ware/IMARI-YAKI."

 

The early products from the 1610s to around the 1630s are called "early Imari / SHOKI-IMARI" in ceramics history of Japan.

 

 

The product of this time is taken over by blue to white porcelain, its porcelain showing a pattern is main, and the point of using the technique which does not perform unglazed calcination before painting is the special feature.

 

A technique called "SUNAME-ZUMI" in early porcelain is used.

 

"SUNAME-ZUMI" is the technique which sandwiches sand, in order to prevent products melting and sticking at the time of calcination.

 

This technique is a technique special to Korea which is not seen by the China porcelain.

 

Since this technique was used, it is clear that the potters of the Korean native were engaged in production of Imari ware.

 

On the other hand, since the porcelain of the Korean Peninsula of those days was white porcelain without a pattern, it is thought that the technique and the design with a stain which draw a pattern by GOSU (paints which use cobalt as the main materials) are a thing of the China origin.

 

Production of the colorful porcelain was created by the YANBEDA-GAMA kiln of western Arita, etc. in the 1640s, and colorful porcelain products, such as a domestic-oriented platter, were produced.


 

Since these are considered for years for KUTANI of Kaga (Ishikawa Prefecture) to be a place of production, they are called "old Kutani porcelain", and they are called the "old Kutani porcelain style" in present-day ceramics history.

 

Around in 1640, the domain-kiln by which the Nabeshima domain mainly manufactures the high-class porcelain for exchange of presents to a shogun family, a daimyo, etc. started activity.

 

This domain-kiln product is called the "Nabeshima style" or "Nabeshima ware" today.

 

The Ming dynasty went to ruin in China in 1644.

 

Great Clearance was emitted by Qing in 1656, the cruise of the merchant vessel was forbidden, and export of China porcelain stopped temporarily.

 

For this reason, the European countries which buy China porcelain till then came to order porcelain to Japan, and a lot of order came in unexpectedly from Dutch East India Company.

 

After export of China porcelain was resumed, the market of the Southeast Asia area was recaptured by China porcelain, but the export of Imari ware to the Europe area was continued.

 

Clay and glaze are improved and the porcelain of the milk white which does not almost have blueness in the ground of white porcelain came to be made in the 1670s.

 

What expressed the pictorial pattern with the painting to this porcelain is called the "Kakiemon style."

 

The product which gave painting which used red, gold, etc. abundantly on the porcelain of dyeing came to be made in the 1690s.


 

This was called "old Imari kinrande porcelain" and the thing of this kind of style became a Europe-oriented export.

 

色絵飛鳳文輪花鉢(古九谷様式)東京国立博物館蔵

 

Phoenix picture flower form bowl

(Old Kutani porcelain style) Tokyo National Museum collection

 

imari4.jpg

色絵唐人物文大壺(柿右衛門様式)東京国立博物館蔵

 

Chinese picture large jar

(Kakiemon style) Tokyo National Museum collection

 

imari3.jpg

色絵花鳥文深鉢(柿右衛門様式)東京国立博物館蔵

 

Flowers-and-birds picture deep bowl

(Kakiemon style) Tokyo National Museum collection

 

imari2.jpg

染付吹墨鷺文皿

17世紀半ば

 

The picture-painted plate of a snowy heron on which glaze was sprayed

The middle of the 17th century

 

 

Nabeshima ware : 鍋島焼

April 11, 2011 3:48 PM   Nabeshima ware : 鍋島焼

色鍋島HP.jpgのサムネール画像

鍋島焼の歴史と概要


鍋島焼は、伊万里の大川内山にあった佐賀鍋島藩の直営の御用窯で,江戸時代(寛文年間、1661~1672)頃から明治4年(1871)の廃藩置県によって藩がなくなるまでの、およそ200年以上に渡って作られていました。

佐賀藩が統括していた、有田、伊万里(現在の佐賀県有田町と伊万里市)は日本磁器の代表的な産地として知られていますが、その中でも大川内山(佐賀県伊万里市南部、おおかわちやま)にあった藩直営の窯では、藩用品、将軍家や諸大名への贈答品などの高級品を焼造していました。

 

佐賀鍋島藩が直営していた当時は,「鍋島焼」という名ではなく,「大川内御陶器」などと呼ばれて、鍋島焼という呼び名は大正時代以降に使われた呼び名と言われています。

 

鍋島焼は、伊万里焼(有田焼)と区別されていますが、有田焼での一様式と位置付けた場合に、「鍋島様式」と呼ばれる場合もあります。

 

鍋島焼は明治4年(1871)の江戸時代の幕藩体制の終わりで、鍋島藩窯の御用赤絵屋の制度も一旦途絶えましたが、十代 今泉今右衛門(今泉藤太/1848年-1927年)が、明治六年(1873)に窯を築き、色鍋島の生地から染付、上絵に至る一貫した制作に踏み切りました。

 

今泉今右衛門家によって復興された鍋島焼は、現在も美しい作品を世に送り続けています。

色鍋島2HP.jpg

 

The history and the outline of Nabeshima ware


Nabeshima ware was the kiln only for a han of direct management of the Saga Nabeshima han located in Ookawachiyama in Imari, and it was made over 200 years or more until the han disappeared around from 1661 by the establishment of prefectural system in 1871.

Although Arita and Imari (present Arita-cho and Imari of Saga Prefecture) which the Saga han had generalized are known as a typical place of production of Japanese porcelain,Quality articles, such as a porcelain article only for a han, a shogun family, a gift to many daimyos, were made from the kiln of the han direct management which suited Ookawachiyama (southern Imari-shi, Saga) also in it.

It is called the "Okawachi ceramics" etc. instead of a name "Nabeshima ware" etc., and he is Nabeshima those days which the Saga Nabeshima domain was operating directly.

A name called a glow is called name used after Taisho Era (1912).

Although Nabeshima ware is distinguished from Imari ware (Arita ware), when it is regarded as the uniform type in Arita ware, it is called the "Nabeshima style."

Although it is Nabeshima ware in the end of the shogunate and domain system of the Edo period in 1871 and the kiln system only for the Nabeshima han also once stopped, 10th Imaemon Imaizumi (1848 - 1927) built kiln in 1873, and he decided on the production which cohered.

The Nabeshima ware revived by the Imaemon Imaizumi family is continuing sending beautiful works to a world still now.

 

色鍋島高台HP.jpg

Ushinoto ware : 牛ノ戸焼

May 11, 2010 1:41 PM   Ushinoto kiln : 牛ノ戸焼

牛ノ戸焼(うしのとやき)

ushinoto-web16.jpg 

天保年間(1830-1844)に金河藤七(かねかわとうしち)(鳥取県出身)によって作られていた牛ノ戸焼を、天保8年(1837)石州の人、島根県江津町に小林梅五郎(こばやしうめごろう)親子が継承、牛ノ戸窯として鳥取県河原町牛ノ戸に開窯した。

後に牛ノ戸窯は、二代 小林熊三郎(こばやしくまさぶろう)、三代目 小林秀之助(こばやしひでのすけ)が継承。

昭和6年(1931年)、吉田璋也、柳宗悦、バーナード・リーチ、河井寛次郎、濱田庄司らの激励、指導を受け、四代目の小林秀晴(こばやしひではる/明治34年-昭和54年)が新作民芸に取り組んだ。

民芸研究家である吉田璋也等の民芸活動家達の助言によって、以前から作り続けていた梅紋、伊羅保釉と黒釉白釉の掛け分けに加え、伊羅保釉薬を緑釉に変えた食材が美しく映える作品が新たに加わった。

今やこの緑釉と黒釉の作品は牛ノ戸の代表作と言える。

その後、牛ノ戸窯は、轆轤の名手と云われた、五代 小林栄一(こばやしえいいち/大正3年-平成16年)に受け継がれ、現在の当主、六代 小林孝男(こばやしたかお/昭和26-)が窯と伝統を守っている。

伝統の梅紋作品は、シンプルで良い物は作り続けると言う先代窯主達の意向によって、現在も暖かみのある牛ノ戸窯の作品として作り続けられている。

民芸運動時代にバーナード・リーチ指導によって作られたコーヒーカップは今でも人気が高い。

 

牛ノ戸窯と作品の特徴

 

牛ノ戸窯は今でも、地元の良質な土を自ら精製し、陶土を作るところから作品作りが始まっている。

勿論、釉薬も市販釉ではなく、全てが手造りされている。

釉薬は、緑、黒、白、伊羅保釉等。

窯は5連の登り窯、作品は全てこの窯によって薪で焼かれる。

焼周期は現在(平成二十二年)の時点で、一年半に一度のペース、5連登り窯の二房を塞ぎ焼かれている。

 

牛ノ戸窯レポート/ Ushinoto kiln report

 

・六代目当主 小林孝男 氏(こばやし たかお/昭和26-)/ ・The 6th Takao Kobayasi

 

ushinoto-web01.jpg 

・牛ノ戸窯外観/ ・The Ushinoto kiln external appearance

 

ushinoto-web02.jpg 

 

ushinoto-web03.jpg 

 

 

・登り窯 / ・ Climbing kiln

 

 

ushinoto-web04.jpg 

 

ushinoto-web05.jpg 

 

・母屋内部には民芸運動時代に協力し合った仲間達の作品がディスプレイされている。/

・The works of the craftsman friends who become acquainted and

cooperated each other in the folk craft movement period are

exhibited inside the main building.

 

 

 

 

ushinoto-web06.jpg 

 

 

ushinoto-web07.jpg 

 

 

・工房内部/・The inside of a studio

 

 

ushinoto-web08.jpg 

 

ushinoto-web09.jpg 

 

ushinoto-web10.jpg 

 

・バーナード・リーチ指導によって作られたコーヒーカップは今でも人気が高い。/

Even now, these coffee cups made by Bernard Howell Leach's instruction are popular.

 

 

 

ushinoto-web13.jpg 

 

 

 

Daisen ware : 大山焼

March 21, 2008 6:45 PM   Daisen ware : 大山焼

kuko素材1.jpg大山焼:

大山寺十二代禅空道師が焼き物を作ったのが起こり。
以後続いた大山焼も大正期には廃窯となっておりました。
この大山焼を鈴木敏之氏が再興し、1970年に開窯。
鈴木氏は現在も元来の素朴さと、現代感覚を織り交ぜた作品を制作し続けています。
鈴木氏の研究課題でもあった鉄釉を主に使用し、様々な表情を見せる金属色が特徴の玉鋼燿天目をはじめ、青瓷、油滴、均窯、灰釉を使った作品を制作しています。

Kazuwa ware : 上神焼

March 21, 2008 6:42 PM   Kazuwa ware : 上神焼

HP-YamaneTamiya.jpg上神焼(かずわやき)窯元由来 :


上神焼は、古く宝暦年間に開窯され、伯尾山、伯州尾山と続き、

明治に入り、亀玉、伯面、玉伯の名称で製陶され、

絶えようとする時、平野洞雲に師事した初代藤一が再興を願い、上神山の窯を開きました。

その作風は、その長い伝統と色鮮やかな辰砂の上神焼として皆様より好評を受けて参りました。

日本工芸展入選・皇室の御買上げ等の名誉を受けております。


二代藤一(民也)は父藤一に師事し辰砂はもとより油滴天目、

金彩窯変等、新しい分野も得意とします。

どうぞ御愛用下さい。

鳥取県伝統工芸士

上神山窯元 二代山根藤一

 

 

Kazuwa ware (KAZUWA-YAKI) kiln former origin :

Kazuwa ware was opened in treasure calendar year in ancient times, and continued with HAKUBI-SAN (伯尾山) and HAKUSYU-BISAN (伯州尾山).

The time went into Meiji and Kazuwa ware was manufactured under the name of KI-GYOKU (亀玉), HAKUMEN (伯面), and GYOKU-HAKU (玉伯).

When tradition tended to cease, first Toichi who studied under Hirano Douun (平野 洞雲) wished revival of Kazuwa, and opened the kiln of the Kazuwa mountain.

The style has received popularity from you as Kazuwa ware of the long tradition and vivid cinnabar.

Kazuwa ware has received honor, such as Japanese technical exhibition winning a contest and a purchase from the Imperial Household.


The second generation Toichi (Tamiya) studies under father Toichi, and presupposes that not only cinnabar but also new fields, such as an oil-spot temmoku and a KIN-SAI wood-fired in reduction, is its favorite.

Please use regularly.

Tottori traditional-handicrafts Tsukasa

Kazuwa-san kiln, The second generation Toichi

iconRelated Products250.jpg

 

KAZUWA-ZAN GAMA report/上神山窯レポート

Shigaraki ware : 信楽焼

March 21, 2008 6:33 PM   Shigaraki ware : 信楽焼

shigaraki素材1.jpg

信楽焼歴史:

 

付近の丘陵から良質の陶土がでる信楽は、長い歴史と文化に支えられ、伝統的な技術が今日に伝えられています。
信楽は日本六古窯の内のひとつに数えられています。
六古窯の中でも信楽の歴史は古く、聖武天皇が離宮を紫香楽(746年)に作った時に、宮の布目瓦や須恵器を作ったことから、信楽焼の長い歴史が始まったと言われています。

信楽焼は、中世末期頃より穴窯によって壺、甕、擂鉢などの焼き物づくりが始められ、独自の陶器産地としての歴史を展開してきました。
古信楽時代(平安末期から徳川初期)と呼ばれる時代には、一休和尚に師事した武野紹鴎や、弟子の利休らが、信楽を茶に取り入れました。
室町桃山期には、茶の流行と共に、"茶陶信楽"が生まれました。
天文 永禄年間(1532-1570)、武野紹鴎は、信楽焼を茶器に用い、利休も好みを焼かせました。
武野紹鴎が作らせた物は紹鴎信楽、千利休が作らせたものは利休信楽と呼ばれています。
利休は、自刃する最後の最後までこよなく信楽を愛したといわれています。
茶人、藤村庸軒や松江藩主で茶人大名として有名な、松平不昧公も信楽を愛用していました。

江戸時代に入ると、藩窯のあった伊賀焼に茶陶生産の地位を奪われていきました。
徳川幕府の御用茶壷を焼いたりしてましたが、その他の多くは、庶民のための、飯茶碗や壷、土瓶、火鉢などの生活雑器を焼いていました。
徳川に入ってから、伊賀がもてはやされて信楽が茶会に出てこないのは、信楽が伊賀に化けて使われていたとも言われています。

文化文政(1804-1830)の頃から、信楽焼は日用雑器を量産するようになりました。
山一つ隔てた伊賀焼では茶陶を中心に焼いていたが、信楽焼は生活雑器が主流となり、江戸後期には、ビードロ釉やなまこ釉などのさまざまな釉薬が用いられるようになりました。
明治期以降は、火鉢や絹糸製造に用いる絹取り鍋、汽車土瓶、植木鉢、庭園用陶器などを主に生産するようにりました。

Iga ware : 伊賀焼

March 18, 2008 7:38 PM   Iga ware : 伊賀焼

伊賀Top01-2.jpg

伊賀焼の歴史:

 

伊賀焼の歴史は古く、調査等から16世紀後期の築窯が確認されました。
平安時代末期から鎌倉時代の初めごろに本格的なやきものの産地として発展し、室町時代の終わりから桃山時代にかけて侘び茶が広まると、個性的な伊賀焼は茶陶として注目されるようになりました。
伊賀國を治めていた筒井定次や藤堂高虎が茶人であったことから、伊賀焼は茶の湯のセンスや心遣いを巧みに取り入れていきました。
伊賀焼は、「水差、花生は伊賀に優る物なし」と高い評価を受けました。
しかし、江戸期に入り、流れ行く茶道の動向に対応することが出来ず伊賀焼の窯煙は一旦途絶えます。
その後、江戸中期に復興し、土鍋や土瓶等の日用雑器を焼く産地へと移り変わりました。
その後、明治から現代に至るまで、「伊賀陶土」の特性を生かした耐熱食器の産地として、その伝統は受け継がれ続いています。
整った形に手を加えた破調の美。
伊賀焼は、敏感に受け止めることが出来る「焼き物の美」を最も純粋に表しているのです。

Bizen ware:備前焼

March 3, 2008 5:15 PM   Bizen ware : 備前焼

bizen.JPG

備前焼の歴史:


日本には鎌倉時代から、六つの主要な窯場が存在します

(備前焼、瀬戸焼、常滑焼、丹波焼、信楽焼、越前焼)

備前は1000年以上の古来から現代に至るまで苦難の時代

を乗り越えながら、炎を絶やすことなく製造し続けてい

る古代窯地の一つです。
備前焼は古墳時代より須恵器の生産を営んでいた陶工た

ちが平安時代から鎌倉時代初期にかけて、より実用的で

耐久性を持つ日用雑器の生産を始めたのが誕生の時代と

いわれています。
備前の美は千利休らによって評価され、"製品"から、"

作品"ヘと新たな芸術の境地が切り開かれてきました。
現在、備前には、金重陶陽、山本陶秀、藤原啓、藤原雄

、伊勢崎淳の5人の人間国宝がいます。

Hagi ware:萩焼

March 2, 2008 5:28 PM   Hagi ware : 萩焼

top-hagi.png

萩焼の歴史:


約400年前、豊臣秀吉と朝鮮半島に渡った毛利輝元が、現地の陶工 李勺光(りしゃっこう)、李敬(りけい)の兄弟を伴って帰国したことから萩焼の歴史が始まります。
毛利氏が萩に城を移した時も、陶工たちは毛利氏に同行しました。その後、李勺光は萩で御用品を焼く窯を開くことを許されました。
この窯が萩焼を焼く最初の窯となりました。李勺光の死後、李敬が窯を継ぎ、藩主から「坂高麗左衛門」の名を受けました。
「坂高麗左衛門」の名は現在も受け継がれています。
当初の萩焼の作風は李朝のものでしたが、その後、楽焼等の作風と新しく開発された釉薬等が取り入れられ、独自の個性を持った現在の萩焼が焼かれるようになりました。