History and culture of Japanese ceramics:焼き物

Daisen ware : 大山焼

Daisen ware : 大山焼

March 21, 2008 6:45 PM   Daisen ware : 大山焼

kuko素材1.jpg大山焼:

大山寺十二代禅空道師が焼き物を作ったのが起こり。
以後続いた大山焼も大正期には廃窯となっておりました。
この大山焼を鈴木敏之氏が再興し、1970年に開窯。
鈴木氏は現在も元来の素朴さと、現代感覚を織り交ぜた作品を制作し続けています。
鈴木氏の研究課題でもあった鉄釉を主に使用し、様々な表情を見せる金属色が特徴の玉鋼燿天目をはじめ、青瓷、油滴、均窯、灰釉を使った作品を制作しています。