History and culture of Japanese ceramics:焼き物

Ushinoto kiln : 牛ノ戸焼

Ushinoto ware : 牛ノ戸焼

May 11, 2010 1:41 PM   Ushinoto kiln : 牛ノ戸焼

牛ノ戸焼(うしのとやき)

ushinoto-web16.jpg 

天保年間(1830-1844)に金河藤七(かねかわとうしち)(鳥取県出身)によって作られていた牛ノ戸焼を、天保8年(1837)石州の人、島根県江津町に小林梅五郎(こばやしうめごろう)親子が継承、牛ノ戸窯として鳥取県河原町牛ノ戸に開窯した。

後に牛ノ戸窯は、二代 小林熊三郎(こばやしくまさぶろう)、三代目 小林秀之助(こばやしひでのすけ)が継承。

昭和6年(1931年)、吉田璋也、柳宗悦、バーナード・リーチ、河井寛次郎、濱田庄司らの激励、指導を受け、四代目の小林秀晴(こばやしひではる/明治34年-昭和54年)が新作民芸に取り組んだ。

民芸研究家である吉田璋也等の民芸活動家達の助言によって、以前から作り続けていた梅紋、伊羅保釉と黒釉白釉の掛け分けに加え、伊羅保釉薬を緑釉に変えた食材が美しく映える作品が新たに加わった。

今やこの緑釉と黒釉の作品は牛ノ戸の代表作と言える。

その後、牛ノ戸窯は、轆轤の名手と云われた、五代 小林栄一(こばやしえいいち/大正3年-平成16年)に受け継がれ、現在の当主、六代 小林孝男(こばやしたかお/昭和26-)が窯と伝統を守っている。

伝統の梅紋作品は、シンプルで良い物は作り続けると言う先代窯主達の意向によって、現在も暖かみのある牛ノ戸窯の作品として作り続けられている。

民芸運動時代にバーナード・リーチ指導によって作られたコーヒーカップは今でも人気が高い。

 

牛ノ戸窯と作品の特徴

 

牛ノ戸窯は今でも、地元の良質な土を自ら精製し、陶土を作るところから作品作りが始まっている。

勿論、釉薬も市販釉ではなく、全てが手造りされている。

釉薬は、緑、黒、白、伊羅保釉等。

窯は5連の登り窯、作品は全てこの窯によって薪で焼かれる。

焼周期は現在(平成二十二年)の時点で、一年半に一度のペース、5連登り窯の二房を塞ぎ焼かれている。

 

牛ノ戸窯レポート/ Ushinoto kiln report

 

・六代目当主 小林孝男 氏(こばやし たかお/昭和26-)/ ・The 6th Takao Kobayasi

 

ushinoto-web01.jpg 

・牛ノ戸窯外観/ ・The Ushinoto kiln external appearance

 

ushinoto-web02.jpg 

 

ushinoto-web03.jpg 

 

 

・登り窯 / ・ Climbing kiln

 

 

ushinoto-web04.jpg 

 

ushinoto-web05.jpg 

 

・母屋内部には民芸運動時代に協力し合った仲間達の作品がディスプレイされている。/

・The works of the craftsman friends who become acquainted and

cooperated each other in the folk craft movement period are

exhibited inside the main building.

 

 

 

 

ushinoto-web06.jpg 

 

 

ushinoto-web07.jpg 

 

 

・工房内部/・The inside of a studio

 

 

ushinoto-web08.jpg 

 

ushinoto-web09.jpg 

 

ushinoto-web10.jpg 

 

・バーナード・リーチ指導によって作られたコーヒーカップは今でも人気が高い。/

Even now, these coffee cups made by Bernard Howell Leach's instruction are popular.

 

 

 

ushinoto-web13.jpg